おいがたやき|山梨県

笈形焼

概要

その昔、長谷寺の修験者と勝沼の柏尾の大善寺の修験者が山伏問答をしていた時、その問答がこじれて戦いとなり、大善寺側は山梨岡神社の鳥居を持ち帰って焼きはらい、長谷寺側では柏尾の笈(おい・山伏が背負い歩く箱)を持ち帰り焼きはらったと言われています。それから御室山では、笈形焼きを、大善寺では鳥居焼きを、それぞれ行うようになったそうです。山梨岡神社裏山「御室山」に一辺の長さが約400mある笈(おい)形の幻想的な光が浮かび上がります。

基本情報

ジャンル イベント
地域 山梨県勝沼・石和温泉
4月
住所 山梨県笛吹市春日居町地内
電話番号 【問合せ】TEL:0553-26-3111 ; URL:http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/
料金 【その他】 *無料
開催期間 2016.04.02~2016.04.02
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【開催地】御室山

笈形焼へのアクセス

JR石和温泉駅からタクシーで10分

PAGE TOP