あくささまき|新潟県

あく笹巻き

灰汁(あく汁)を使って作る新潟県の伝統料理”あく笹巻き”

概要

新潟県の一部の地域では、端午の節句には欠かせないものとされているチマキで、雑木を燃やして作った灰と水を混ぜた「灰汁(あく汁とも呼ばれる)」にもち米を一晩浸し、水切りして笹で巻いたものをゆであげる。味付けをしていないものは独特の香りを持ち、慣れないと食べにくいので、きなこや砂糖といった甘いものをつけて食べるのが一般的なようだ。強いアルカリ性の灰汁と笹が持つ防腐作用が雑菌の繁殖を抑え、長期保存が効く保存食として重宝されていたようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県新潟市周辺佐渡長岡・三条・柏崎上越・妙高越後湯沢・津南・十日町村上・新発田
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP