こうふとりもつに|山梨県

甲府鳥もつ煮

絶妙な火加減とタイミングで作る、美しい照りがポイント

概要

鶏の砂肝、ハツ、レバー、きんかん(うまれる前の卵)などを、甘辛いしょうゆダレで照り煮した甲府独自の料理で、昭和25年頃に甲府市内の蕎麦店の店主が、捨てられていた鳥もつをいかす料理として”甲府鳥もつ煮”を考案したといわれている。一般的に”もつ煮”というと、もつ煮込みのように長時間煮込んだ汁気のあるものを想像するが、甲府鳥もつ煮は、少量のタレを使って強火で一気に炊くことで、水気が飛んだタレにモツの甘味がぎゅっと閉じ込められる。そのタレが具に絡むことで出る美しい照りにも注目したい。
地元では、「甲府鳥もつ煮で甲府を元気に」をモットーにまちおこし活動を行う「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」が結成。すべての縁をとりもつことに燃えているという。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山梨県甲府
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP