ききょうしんげんもち|山梨県

桔梗信玄餅

素朴な御餅に黒蜜ときなこ。3つの食材が奏でる甲州銘菓

概要

山梨県や静岡県には、古来よりお盆の時期のお供え物として、もちにきなこと黒蜜をかけた”安倍川もち”を使う風習があり、これにヒントを得てうまれたのが甲州銘菓”桔梗信玄餅”だ。弾力のあるもちの食感、きなこの香ばしさ、黒蜜の滑らかな舌ざわりが絶妙のバランスで、素朴な味ながらも飽きのこないおいしさ。その伝統の味を守り続けてきた職人の技と誇りが、”桔梗信玄餅”を代表的な山梨みやげにまで成長させたようだ。全国各地にも同じようなお菓子はあるが、姿形を真似ただけでは成し得ない不朽の銘菓といえる。

基本情報

ジャンル お土産
地域 山梨県甲府河口湖・富士吉田清里・小淵沢南アルプス・身延勝沼・石和温泉
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP