けのじる|青森県

けの汁

小正月に作られる野菜たっぷりのヘルシーな津軽の郷土料理

概要

野菜などの具材がたっぷりと入った”けの汁”は、津軽を代表する郷土料理。作り置きができ、日持ちが良いことから、 “女性が家事から解放される日”であった1月16日の小正月によく作られたという。材料は、大根、人参、ごぼうなどの根菜をはじめ、わらび、ふきなどの山菜、ずんだ(大豆)、凍り豆腐、こんにゃくと多彩で、これらをさいの目に小さく切り、昆布や煮干の出汁で煮て味噌やしょうゆで味を調える。家庭や地方によって具材や味付けが異なり、バリエーション豊かな味わいが楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP