みねごし(さくらしめじ)|山梨県

みねごし(さくらしめじ)

きのこ狩りで人気!僅かにほろ苦く、歯切れの良い食感が美味

概要

山梨では、「みねごし」の名で親しまれているキノコ。別名「さくらしめじ」とも言う。かさの直径は5~12cm位。表面は最初、粘性があるが乾燥しやすい。中央部は黒赤色またはぶどう色をおびた黒紅色。周縁部は淡く、ひだは密で白色の後、暗赤色のシミが表れる。くきは高さ3~10cm位。雑木林のきのこ狩りでは、人気のある種類のひとつだ。わずかにほろ苦味があるが、歯切れ、口あたりが良く、きんぴらなどの炒め物、他の野菜との煮物、けんちん汁などに合う。保存法は昔から、塩漬けが一般的。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山梨県甲府河口湖・富士吉田清里・小淵沢南アルプス・身延勝沼・石和温泉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP