やまなかこほうこさい|山梨県

山中湖報湖祭

概要

富士五湖の夏祭りのトップを飾る花火大会。由来は、大正時代に、東京帝国大学(現・東京大学)の学生たちが、湖畔の寮に来て、湖上で花火を打ち上げたことに端を発し、昭和8年、文豪・徳富蘇峰により「報湖祭」と命名されました。これは、湖の恵みに感謝と祈りを奉げる意味がありました。花火は湖畔4地区で打ち上げられ、湖畔のどこからでも見ることができます。また、電飾遊覧船からも花火を見ることができます。また、ヨットレース・ボードセーリング大会も行われます。

基本情報

ジャンル イベント
地域 山梨県河口湖・富士吉田
8月
住所 山梨県南都留郡山中湖村‐
電話番号 【問合せ】TEL:0555-62-3100 ; FAX:0555-62-6181 ; URL:http://www.yamanakako.gr.jp/
開催期間 2018.08.01~2018.08.01
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【開催地】山中湖畔4地区 *山中・長池・旭日丘・平野 / 【規模】打上数 約8,000発 / 【観覧者数(年間)】約70,000人 / 【時期】8月1日

山中湖報湖祭へのアクセス

富士急行線富士吉田駅からバスで25分
JR御殿場駅からバスで45分
新宿駅西口バスターミナルから高速バスで120分
東富士五湖道路山中湖ICから車で5分 *「山中湖IC」を降りたら、山中湖方面へ

PAGE TOP