ほたてのかいやきみそ|青森県

ホタテの貝焼き味噌

その名の通り貝殻を器にした料理。ホタテとタマゴのうま味が凝縮

概要

大きめのホタテ貝の殻を鍋代わりにして、出汁と味噌、ホタテ、溶き卵を入れて焼いた料理。

【歴史・由来】
卵が貴重だった時代に、津軽地域ではお産や病気の際に栄養をつけるための特別な料理として作られていた。一方、下北地域では江戸時代に陸奥湾の漁師がホタテの貝殻に出汁と自家製の味噌、魚介類などを入れて焼き、ひえ飯やあわ飯と一緒に食べていた素朴な料理として伝えられてきた。ホタテの貝殻は使い込むほど旨みが出るので、青森県内の多くの家庭には茶色に染まったホタテの貝殻が数枚あると言われている。

【食べるシーン】
日常食としてのおかず。

【作り方】
・ホタテの貝のなかにホタテの貝柱、イカ、タラなどを入れる。
・味噌だしを加えて火にかける。

【提供店】
青森県内の料理店。



基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP