かつぬまわいん|山梨県

勝沼ワイン

勝沼の丘には多くのブドウ畑が広がり、あちこちにワイナリーも建つ

概要

山梨県では、古くからぶどうやもも、なしといった果物栽培が盛んで、中でもぶどうは全国トップクラスの生産高を誇る。その主産地となっている甲州市の勝沼地区は、ゆるやかな丘が続く土地で、その斜面地に広大なぶどう畑が広がる。ワインの生産も盛んで、甲州市内には30を超えるワイナリーがあり、国内の年間醸造量の約25%にも当たる1万キロリットルものワインが醸造されるという。勝沼のワインは様々なワインコンクールで高い評価を受けており、日本だけでなく、海外にもファンがいるということだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山梨県勝沼・石和温泉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP