いかやき|大阪府

イカ焼き

地元民が行列を作る!粉食文化の大阪らしいソウルフード

概要

大阪府の「イカ焼き」は一般的な「イカの姿焼き」ではなく、イカの切り身を入れた生地と生卵を鉄板で挟み焼きにした大阪のソウルフードである。イカと甘辛ソースの香り、イカの食感と生地のモチモチの食感が特徴。

【歴史・由来】
1950年、大阪市生野区桃谷にある「いかやき屋」の創業者が考案したとされる。

【作り方】
・ボウルに小麦粉を入れて水を加え、泡だて器で混ぜてなめらかな生地をつくり、切り分けたイカを加える。
・フライパンでサラダ油を熱し、生地を流し入れて中央に卵を1個割り入れる。黄身をつぶして、ひっくり返ししっかり押さえつけて焼き色をつける。
・器に盛りソースなどをかける。

【食べるシーン】
小腹が空いた時に。酒の肴に。

【提供店】
桃谷いかやき屋。阪神百貨店の地下でも提供されている。お祭りの屋台で販売される。



基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
通年
住所 大阪府大阪府_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP