せんしゅうみずなすのつけもの|大阪府

泉州水なすの漬物

稀少な水なすの浸かり具合が味を左右する、繊細な仕事が光る逸品

概要

大阪の南部、泉州地区でしか作る事が出来ないと言われる、稀少な「水なす」を使った漬物。作り方は、水なすのヘタを取り縦4つに切る。海水より濃いめの塩水を張る。だし昆布、赤とうがらしを加え、重石をして5~6時間漬ける、というもの。食べるときは水なすを取り出し縦に細く切って、糸がつおをふりかける。漬かりの程度や素材の鮮度が味を左右するということで、注文を受けてから漬け込みをしている店もあるほど。繊細な仕事が光る、逸品である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP