つがるそば|青森県

津軽そば

やさしさからうまれた?!大豆をもちいた津軽そば

概要

そば粉のそばがきに、大豆をつなぎとして加えてつくられること、日持ちさせるために「煮置き(ゆでた麺を冷やす)」させることが特徴のそば。

【歴史・由来】
米や小麦粉が貴重な時代にうまれた料理で、栄養を考えてつなぎには大豆がつかわれ、日持ちさせるための工夫をこらした独特のつくりかたが伝わる津軽そば。歴史と風土に育まれ古くから受け継がれている伝承型の郷土料理より、特に伝承・普及すべきものとされる「津軽料理遺産」にも認定されている。

【食べるシーン】
日常食として。

【作り方】
・そば粉でそばがきをつくり、ダイズの粉などを混ぜて製麺する。
・ゆでてから(半日おくこともある)食べる。

【提供店】
津軽地域のそば屋など。



基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP