ほるもんやき|大阪府

ホルモン焼き

豊かな発想力で新しい味を生み出す街“大阪”のエコな一品

概要

日本でのホルモン料理発祥の地は、大阪の洋食レストランが生みの親とされている。元々食べずに捨てていた「捨てるもの」を意味する、関西弁の「放るもん」を語源としている。1940年には「ホルモン料理」を商標登録したそうだ。ホルモンには、臭み・ぬめりがあるため、塩を振って良く揉み水できれいにすすいで、さらに熱湯で下茹ですると、臭みや余分な脂肪が落ちて美味しく食べられる。またホルモンにはビタミンB1・B2などの栄養価が高く、お薦めの食材である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
通年
住所 大阪府大阪府_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP