あおもりけんのいちごに|青森県

青森県のいちご煮

ハレの日に欠かせない一品。ウニとアワビの贅沢なお吸い物

概要

青森県の伝統的な料理で、ウニとアワビのお吸い物である。お椀に盛られたウニの卵巣がだし汁とあわさる事でみずみずしく映え、「朝露のなかの野いちごのようだ」と称された事から「いちご煮」と名付けられた。発祥は太平洋の豊かな海を背景にウニとアワビが良くとれた八戸市を中心とする県南地方の漁師料理と言われ、漁家の間では古くから日常的に食されていたといわれる。現在では祝いの席や正月に欠かせない一品で、毎年7月には伝承と交流を目的とした「いちご煮祭り」が階上町(はしかみちょう)で開催される。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県八戸
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP