さばずし|京都府

サバ寿司

京の風物詩・サバ寿司は、町衆の工夫と発想のタマモノ!

概要

海が遠かった京都で新鮮な魚を食べるには、若狭湾でとれた魚を塩漬けにして運ぶ必要があった。そのためサバはとても塩辛く、保存食としてのみ利用されていたが、京の町衆が日常的に食せるよう考案したのが、サバ寿司であった。サバの旨みと酢飯の絶妙な味わいで人気となったサバ寿司は、祭りのご馳走に欠かせない料理となり、その人気に目をつけたお店が、その販売を行うようになった。現在でも、京の三大祭(葵祭・祇園祭・時代祭)には、サバ寿司を食べる風習あり、京の風物詩にもなっている。

PAGE TOP