さいきょうづけ|京都府

西京漬

魚や肉を長持ちさせるための先人たちの知恵が生み出したひと品

概要

京都名産の西京味噌に、旬の魚や肉の切り身などを漬け込んでつくる、京都の伝統料理が「西京漬け」だ。こうして魚を漬け込むようになったのは、海から遠い京都でもどうにか美味しく魚を食べようとした人々の知恵といわれている。京懐石でも登場することがあり、世の食通たちの舌を楽しませている。家庭で焼くと味噌が魚網などにこびりついてしまうが、アルミホイルの上で焼くようにすれば問題ない。ちなみに西京味噌は、米糀を多く配合した白黄色の甘口味噌のことで塩分は低めだ。

PAGE TOP