きょうとふのしょうじんりょうり|京都府

京都府の精進料理

肉食の戒めから、独自の味を発展させていった”精進料理”

概要

”精進料理”とは、肉や魚を使わずに穀物や豆類、野菜だけで作られた料理で、殺生の戒めがあった寺の僧侶が食べていた料理である。肉食を絶ったことで、栄養が偏りがちになるという問題があったが、時代の流れとともに、醤油や豆腐といった新たな風味や栄養を持った加工品がうまれたことで、不足する栄養が補えるようになっていった。現在でも京都では、独自の”精進料理”を味わえる寺が多数あり、なかには”中国風精進料理”というような、また違った味わいが楽しめる寺もある。

PAGE TOP