きょうとふのすずめやき|京都府

京都府のすずめ焼き

香ばしい醤油ダレの焦げる香りの先に待つ、長い歴史を持つ焼き鳥

概要

商売繁昌、家内安全、芸能上達などの神として信仰される伏見稲荷大社は、全国に3万社もあるといわれるお稲荷さんの総本宮で、元々は五穀豊穣の神といわれた。その五穀(特に米)を食べるすずめを退治するという意味から、現地周辺では“すずめの焼き鳥”が食べられるようになり、今や伏見稲荷大社の名物になっている。醤油ダレが香ばしく、現地で、その香ばしい匂いをたどれば、自然と”すずめ焼き鳥”を店頭で焼いているお店へと誘われる。すずめは小骨をとらずに焼かれているが、そのまま食べられ、パリパリとした食感が面白い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 京都府京都伏見・山科
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP