おうみつけもの|滋賀県

近江漬物

琵琶湖の冬の風物詩“ハサ干し”。丁寧に作られた逸品をお土産に

概要

湖東地域などでは、琵琶湖の湖面を木枯らしが吹き始める頃の11月~12月にかけて、琵琶湖湖岸に大きなハサを作る。そして、漬物にするため万木かぶなど赤かぶを干す。この赤かぶのハサ干しが湖東地域での晩秋の風物詩になっている。赤かぶの漬物は、湖東地域などでは冬の代表的な食べ物。特産品として、日野菜漬、さくら漬、菜の花漬、千枚漬、調味浅漬、壬生莱漬などがある。万木かぶは、昔から伝わるのはぬか漬けだが、最近では、軽く塩漬けしたものを甘酢につける甘酢漬けが、若い人にも食べやすく人気がある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 滋賀県大津・比叡山長浜・米原彦根・近江八幡信楽・甲賀
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP