ならけんのかきのはずし|奈良県

奈良県の柿の葉寿司

先人の知恵がつまった郷土料理は、旅路のお供として人気

概要

一口大の酢飯にさばや鮭、小鯛などの切り身をのせ、防腐効果の高い柿の葉で包んで押しをかけた押し寿司の一種である。江戸時代、保存がきかないさばなどの魚は、塩でしめられた状態で奈良に届いた。塩でしめられたさばをにぎり飯にのせて、柿の葉にくるみ、石を重しにして作ったのが始まりとされる。魚と米が貴重な当時の吉野では特別な料理とされ、お祭りやお祝い事の際に客人にふるまわれた。現在では、奈良県の主要駅で駅弁として売れている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 奈良県奈良市・天理・法隆寺明日香・橿原吉野・天川村・十津川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP