ちゃがゆ|奈良県

茶粥

奈良の朝食といえば茶粥。サラッとして粘りがないのが大和流

概要

奈良の郷土料理“茶粥”。茶の産地だった奈良では、上納後に残った茶を使って粥を炊いたことが、茶粥の始まりともいわれている。また、お水取りで有名な東大寺の練行僧に出される茶飯から広まったという説もある。のちに庶民の常食となった茶粥は、主に朝食のメニューとして親しまれていた。大和茶の風味と、さらっとした粘りがない食感が特長で、家庭によっては漬物や佃煮をトッピングするという。奈良ではスーパーなどで茶粥用の茶が販売されているということだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 奈良県奈良市・天理・法隆寺明日香・橿原吉野・天川村・十津川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP