あきのたかやままつり|岐阜県

秋の高山祭

概要

高山祭とは、春の「山王祭(さんのうまつり)」と秋の「八幡祭(はちまんまつり)」、2つの祭をさす。飛騨の人々は昔から建築や彫刻が巧みで、”飛騨の匠”と呼ばれており、高山祭ではそれらの匠たちが精魂こめて作り上げた屋台が披露される。

【歴史】
16世紀後半から17世紀の発祥とされ、江戸時代の面影を残す伝統行事として、今日まで受け継がれる。このうち高山を秋の彩りで染める「八幡祭」は、旧高山城下町北半分の氏神様である櫻山八幡宮の例祭。毎年10月9日・10日には、屋台が町を巡る曳き廻しや布袋台のからくり奉納などの伝統的な祭行事が楽しめる。

【みどころ】
その1:屋台曳き廻し
秋の空の下、国の重要有形民俗文化財である八幡祭の屋台11台が曳き揃えられる。屋台彫刻や見送幕、構造の細部まで鑑賞でき、多くの人々が感嘆の声をあげる。

その2:からくり奉納
八幡宮境内では9日・10日とも1日2回、布袋台によるからくり奉納が披露される。綱さばきによる動きとは思えない、人形たちの演技を見ることができる。

その3:宵祭
9日の夕方から始まる宵祭では、それぞれ100個もの提灯を灯した屋台が町を巡る。伝統の曳き別れ歌「高い山」を歌いながら各屋台蔵へと帰っていく姿は、秋の情感をかきたてる。

基本情報

ジャンル イベント
地域 岐阜県飛騨・高山・白川郷
10月
住所 岐阜県高山市桜町178(櫻山八幡宮)
HP http://kankou.city.takayama.lg.jp/index.html
問い合わせ先 0577-35-3145(商工観光部 観光課)
開催期間 2018.10.09~2018.10.10
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

秋の高山祭へのアクセス

JR高山駅から徒歩で20分

PAGE TOP