みかさやき|奈良県

みかさ焼

三笠山にちなんだ奈良の銘菓は、ふわっとした生地と餡が絶妙

概要

奈良の三笠山(若草山)をかたどった銘菓で、カステラ生地2枚に小豆あんをはさんだ和菓子で、なだらかな山肌の感触とふわっと真ん中が膨らんだ形状から「みかさ焼」と呼ばれるようになったといわれている。奈良駅周辺の和菓子店の多くで売られており、各店ごとに生地やあん(こしあん・つぶあん・栗入りなど)のこだわり、ビックサイズのものなど独自の味わいがある。関東では「どら焼」と呼ばれているものを総称して、関西では「みかさ焼」と呼ぶことも多いという。

基本情報

ジャンル お土産
地域 奈良県奈良市・天理・法隆寺明日香・橿原吉野・天川村・十津川
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP