あかしやき|兵庫県

明石焼き

起源は天保年間。由緒正しいファーストフード

概要

小麦粉と、じん粉(和菓子や点心に使われる粉)を混ぜたものを、たっぷりの卵とだし汁で溶いて生地を作り、専用の鉄板に流し込み、小口切りにしたタコを入れ丸く焼いた料理。起源は天保年間(1830年~1843年)の頃に、明石にあった工芸品である「明石珠(卵白を利用した珊瑚の代用品)」の生産の際に大量に余る黄身を消費するために考えられたと言われている。明石市の商店街にある店舗「魚の棚(うおんたな)」などが有名。日々沢山の観光客が訪れている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 兵庫県明石・加古川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP