あみだがだき|岐阜県

阿弥陀ケ滝

概要

下方の絶壁はけずり取られていて、裏側からも滝をながめることができる。日本の滝100選、県名勝に指定されている。滝の北側には洞窟があり、天文年間(西暦1532~55年)に長滝寺の僧がこの洞窟で修行中、護摩を焚いたところ、阿弥陀如来の姿が浮かび上がったことから、この名がついたといわれている。谷が東側に向かっているので、朝日を背にして滝の正面に立つと、水煙の中に自分の影が映し出され、その影の回りがぼんやりと虹色に縁取られて見えることがある。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 岐阜県郡上八幡・美濃加茂
住所 岐阜県郡上市白鳥町前谷
電話番号 【問合せ】TEL:0575-82-5900 ; URL:http://shirotori.gujo.to/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【規模】落差60m

阿弥陀ケ滝へのアクセス

美濃白鳥駅からバスで20分 *下車徒歩10分

PAGE TOP