かこがわかつめし|兵庫県

加古川かつめし

知る人ぞ知る加古川のご当地グルメは、お箸で食べる庶民派洋食

概要

”かつめし”は、知る人ぞ知る兵庫県加古川市のご当地グルメ。加古川とその周辺地域で見かけられるが、市外に出た途端、あまり目にすることがない珍しいメニューである。洋皿にご飯を盛り、その上にデミグラスソースをかけたカツを乗せ、付け合わせにはゆでキャベツを添える。「箸で食べられる洋食」がコンセプトで、洋皿が使われているが、スプーンではなく箸で食べるのが一般的。終戦直後、駅前の大衆食堂から始まったといわれるかつめしは、今や多くの店舗で食べることができ、学校給食のメニューとしても出されている。
また、まちおこしの起爆剤になることを目的に「うまいでぇ!加古川かつめしの会」を結成し、加古川市のPRに勤めている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 兵庫県明石・加古川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP