いかのすし|青森県

いかのすし

爽やかな酸味がイカの旨味を引き立てる青森の伝統料理

概要

日常食やお茶うけ、酒の肴にと様々な場面で食される「いかのすし」。淡いピンクの色合いが美しく、祝い事にもよく使われる。作り方はまず、足と内臓を取り除き水で洗ったいかをゆでる。ゆでたイカの胴に、キャベツと人参を千切りにして塩でもみ水気を軽く搾ったものにしょうがと酢、酒を混ぜた具と、ゆでたいかの足を詰める。それを樽に並べ重石を乗せ、数日間おいて完成。現在は酢をきかせることで、比較的短時間で食べられる。淡泊な味で、幅広い年齢層に好まれている。また、好みによりキャベツではなく大根を使う場合もある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP