みょうぜんじしょうろうもん|岐阜県

明善寺鐘楼門

概要

全国でも珍しい茅葺寺院本堂は総ヒノキ造りで本堂・鐘楼門・庫裡の配置が美しい。寄棟造、2階建で屋根は茅葺き、1階に板庇をつけた珍しい建物である。加藤定七により、延べ人数1425人を要して建てたと伝えられる。2階に釣り下げてある梵鐘は第2次大戦中に供出され、戦後、鋳金工芸作家の中村義一(高岡市)の作である。音調は黄鐘調であるといわれる。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 岐阜県飛騨・高山・白川郷
住所 岐阜県大野郡白川村荻町679番地
電話番号 【所在地】TEL:05769-6-1009 / 【問合せ】TEL:05769-6-1009 ; URL:http://shirakawa-go.org/kankou/guide/192/
営業時間 公開:~開放
定休日 休業:無休
料金 【備考】 *無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【建築年代2】1801年

明善寺鐘楼門へのアクセス

高山駅からバスで62分 → 「白川郷」バス停から徒歩で5分
荘川ICから車で40分[35km]
白川郷ICから車で5分

PAGE TOP