はままつじょう|静岡県

浜松城

概要

前身は曳馬城(引間城)で天文年間(1532~54)今川氏の属将飯尾氏の居城であった。永禄11年(1568)徳川家康が攻略、元亀元年(1570)岡崎城から本拠を移した。天正5年(1577)本多作左衛門を奉行に任じ曳馬城の城地をも含む大規模な城を築いた。これが近世城郭としての浜松城である。以来、家康は17年間在城する。江戸時代になって諸代大名十二氏二十二代が入れかわった。現在の天守閣は昭和33年の復興。◎徳川家康(1542-1616)三河岡崎城主の松平広忠の長男。今川義元の人質として駿府で育ち、義元の敗死後独立して岡崎城主となる。のち遠江・駿河・甲斐・信濃を領有し、天下取りの基礎を築き、晩年は駿府で没した。◎水野忠邦(1794-1851)天保の改革を断行した老中。浜松の城主。幕府の財政窮乏たてなおしと世人の奢侈禁止などに尽力したが、急激な改革だったため、支持者を得られず、完全達成できず。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 静岡県浜松・浜名湖
住所 静岡県浜松市中区元城町100-2
電話番号 【所在地】TEL:053-453-3872 / 【問合せ】TEL:053-457-2295 ; FAX:053-457-2283 ; URL:http://www.hamamatsu-navi.jp/shiro/
営業時間 公開:8:30~16:30
定休日 休業:12月29日~12月31日 
料金 【大人】150円 / 【備考】 *中学生以下・70才以上・障害者無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【築城年代1】1570年

浜松城へのアクセス

浜松駅からバスで5分 *市役所前下車

PAGE TOP