ひょうごけんのかわらせんべい|兵庫県

兵庫県の瓦せんべい

文明開化の香り漂う伝統のせんべい。職人の技が光る素朴な味わい

概要

明治初頭、鎖国が解かれ外国に開かれた港のひとつが神戸。外国から入ってくる新しい文化の中には、今まで日本人が食す習慣のなかった砂糖や卵などがあり、当時まだ珍しかったそれらの新しい素材を使ったお菓子を作ろうと生まれたのが神戸名物“瓦せんべい”である。原料は小麦粉・砂糖・卵のみとシンプル。それを、職人の手作業で丁寧に、まるで屋根瓦のように、四角く反らせた形に焼き上げる。現在でも変わらない素朴な味わいで人気がある銘菓だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 兵庫県神戸・有馬(有馬温泉)
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP