てこねずし|三重県

てこね寿司

伊勢志摩に伝わる漁師考案「郷土寿司」

概要

志摩地方に伝わるてこね寿司は、カツオやマグロなどの刺身をしょうゆなどで作ったタレに漬け込み、酢飯とあわせた郷土寿司だ。薬味として大葉、しょうが、のりなどを散らして食す。

【歴史・由来】
カツオ漁で忙しい漁師が獲ったカツオをぶつ切りにし、調味料とごはんにまぜあわせて、手でこねて食べたのが発祥といわれている。女性も海女として働くことが多く、準備に時間のかからないこの料理は定番料理として定着したようだ。定番料理のみならず、大漁などの「ハレの日」を祝う料理として親しまれてきた。

【食べるシーン】
現在でも三重県では宴会の席などで食べられている。

【作り方】
・醤油や砂糖をひと煮立ちさせ冷ましたものに合わせ酢を加える。
・できたタレでカツオを漬けこみ、別途タレでたきこみご飯をつくりまぜあわせる。
・大葉やしょうが、のりなどを散らして食す。


基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 三重県津・松阪伊賀尾鷲・熊野伊勢・志摩・鳥羽四日市・桑名・鈴鹿
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP