どうがしまてんそうどう|静岡県

堂ヶ島天窓洞

神秘的な海を照らす天窓

概要

堂ヶ島に訪れたなら必ず足を運びたいスポット「天窓洞」。昭和10年に天然記念物に指定されています。
細かい火山灰が固まった凝灰岩でできており、波による浸食でハチの巣のように形成された海蝕洞窟です。入口は東口、南口、西口の3つがあり、遊覧船は幅が広く長さが147mある南口から入ります。洞窟の中央辺りまで進むと、天井が丸く抜け落ちた自然の天窓が現れます。暗い洞窟の中に、太陽の光が帯となって海を照らす神秘的な光景が堪能できます。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 静岡県伊豆西伊豆
住所 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科堂ヶ島
HP http://nishiizu-kankou.com/seeing/2006/03/post_14.php
問い合わせ先 西伊豆観光協会
駐車場 あり(無料)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

堂ヶ島天窓洞へのアクセス

伊豆急行「下田駅」から東海バス堂ヶ島行きで60分、終点下車、徒歩5分

PAGE TOP