みえけんのきじなべ|三重県

三重県のきじ鍋

温暖な気候がはぐくむ脂身が少なくあっさりとしたキジ肉

概要

あわせ出汁にキジ肉、ハクサイ、ネギ、ニンジンなどの野菜を入れてつくる鍋料理。熊野市紀和町の名物料理。約16,000平方メートルの野外牧飼場で飼育されたキジは、鶏肉に比べて脂肪分が少なく、あっさりしているのが特徴だ。

【歴史・由来】
熊野市の緑豊かな山々に囲まれたでは四方を山に囲まれた飼育場で日本きじと高麗きじの生産を行っている。日本きじは、昭和57年から狩猟用資源の確保のために三重県の放鳥用に生産を開始したのがはじまりで、年間およそ1,300羽を飼育している。高麗キジは59年から食肉用として飼育をはじめたものだ。

【提供店】
熊野市紀和町の料理屋、旅館など。


基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 三重県尾鷲・熊野
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP