しけみちまちなみほぞんちく|愛知県

四間道町並み保存地区

概要

元禄13年(1700)の大火をきっかけに防火を目的に整備された。尾張藩の経済を支える大動派・堀川沿いの問屋筋の裏を拡張し、道幅を四間(約7メートル)とした。東側は盛土を一段と高くし、その上に土蔵を築かせた。一部のところは、塗り込め構造の土蔵や旧家など今もおもかげを残している。 四間道整備の目的は、防火のほかにむしろ東側の大船町の町人地と西側の町続地との境界線、次第に活発化する堀川沿いの商業活動に対処するための交通需要対策とも考えられる。 四間道独特の景観は、天文年間(1740年頃)には生み出された。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 愛知県名古屋
住所 愛知県名古屋市西区那古野1
電話番号 【問合せ】TEL:052-972-2782
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

四間道町並み保存地区へのアクセス

地下鉄「国際センター」駅から徒歩で5分

PAGE TOP