きゅうとうかいどう|愛知県

旧東海道(熱田・宮宿)

概要

関が原の合戦の翌年の慶長6年(1601)徳川家康は新東海道開設の指令を出しています。それまでの東海道は、京都からの東山道回りと伊勢路回りの二つの路線がありました。家康によって打ち出された新しい路線は、宮(熱田)から伊勢桑名へ渡海して鈴鹿を越えるというルートが選定されました。 東海道の宿場で伊勢桑名へは海路七里、それゆえ七里の渡しといわれました。現在は、常夜燈や時のやぐらが復元され、公園となっている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 愛知県名古屋
住所 愛知県名古屋市熱田区‐
電話番号 【問合せ】TEL:052-954-6541 ; URL:http://www.pref.aichi.jp/dourokensetsu/tokaido/index.html
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

旧東海道(熱田・宮宿)へのアクセス

名古屋からその他で30分 *宮の渡し公園まで・・・地下鉄東山線(栄駅乗り換え)地下鉄名城線(金山駅乗り換え)伝馬町駅下車 徒歩8分

PAGE TOP