くずのはいなりじんじゃ|愛知県

葛の葉稲荷神社

概要

美和町篠田字稲荷に昔、狐塚があり「葛の葉稲荷社」と称し近郷にその名が高かったといいます。「しのだ」という地名が同じことから和泉の国(大阪府和泉市)信太にある葛の葉稲荷を勧請したと伝えられています。 葛の葉稲荷と言えば狐女房の伝説が有名ですが、昔、安部保名という男が信太の森で傷を負った白狐を助けますが、のちに保名が病となったおり、恩返しとばかりに狐が保名のいいなづけの葛の葉に化けて看病したと言います。 ほどなく結ばれ信太丸が生まれますが、本物の葛の葉が現れ、正体がばれた白狐は「恋しくば 尋ねてみよ 信太の森の うらみ葛の葉」の一首を書き残し、森の奥へと去っていった。というものです。葛の葉稲荷は伝説の狐女房を祀ったお宮で、浄瑠璃にも取り入れられ歌舞伎ともなって全国的に知られるようになりました。 現在の社殿は昭和55年に建て替えられたものです。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 愛知県名古屋
住所 愛知県あま市篠田稲荷
電話番号 【問合せ】TEL:052-442-8522 ; FAX:052-445-5735
料金 【その他】 *境内自由
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

葛の葉稲荷神社へのアクセス

名鉄津島線木田駅から徒歩で15分

PAGE TOP