ひろしまけんのかきのどてなべ|広島県

広島県のカキの土手鍋

カキと味噌の相性抜群!珍しい食べ方で味を調整できる

概要

味噌を鍋の内側に塗り、カキや豆腐、ハクサイやネギなどの野菜を煮込む。味噌の土手を崩しながら好みの味に調整する。広島県ではカキの養殖が室町時代から行われていたとされ、県内では様々なカキ料理が提供されている。

【歴史・由来】
その名の由来は、土手という広島の行商人が考案したためという説や、味噌を土手のように塗ることから名付けられたなど諸説ある。

【作り方】
・鍋の内側に味噌を塗り、カキや豆腐、ハクサイやネギ、シュンギクなどの野菜を煮る。

【食べるシーン】
飲食店で、家庭で、日常的に食されている。スーパーでは、土手鍋専用の味噌が販売されている。

【提供店】
広島県観光課の「広島名物かきの土手鍋を食べようやキャンペーン」webサイトで、食べられるお店が紹介されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 広島県宮島・広島市三次・世羅・庄原福山・鞆の浦呉・江田島尾道・因島・しまなみ海道竹原・三原
通年
HP http://www.info-hiroshima.co.jp/kakidote/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP