せとのこいわしりょうり|広島県

瀬戸の小いわし料理

ほのかに甘みのある小イワシの刺身は絶品!生姜醤油で頂こう!

概要

牡蠣、アナゴに次ぐ広島の海の幸“小イワシ”は、冬から春先にかけての広島の名物で、漁の解禁を迎える6~10月が旬。昔、鷹匠町で鷹狩り用の鷹の「なまの餌」としてカタクチイワシが売られていたことから、訛って「ナンマンエ」と呼ばれることもある。天ぷら、塩焼き、刺身と様々な調理法があるが、中でも特に、刺身は「7度洗えば鯛の味がする」とも言われるほどの美味しさ。また、小イワシには老化防止のDHAや、中性脂肪を減らすEHAがたっぷり含まれており、骨ごと食べられるのでカルシウムもたっぷり。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 広島県宮島・広島市三次・世羅・庄原福山・鞆の浦呉・江田島尾道・因島・しまなみ海道竹原・三原
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP