みたけのさくら|三重県

三多気の桜

名刹へ続くヤマザクラのトンネルが誘う絶景

概要

伊勢国司・北畠氏の本拠地であった津市美杉町の名勝「三多気の桜」。
国道から「三多気の蔵王堂」とも称される真言宗の古刹・真福院へと続く参道両側の1.5kmの桜並木は「日本さくら名所100選」に選定されている。
「第9回・美しい日本の村景観コンテスト」農林水産大臣賞を受賞した三多気には茅葺屋根や棚田が残り、昌泰年間(898~901)に植樹されたと伝わる約500本のヤマザクラの巨木がよく似合う。
ヤマザクラが棚田に映る様もまた美しい。
高低差があるため見頃を楽しめる期間が長く、4月9日、10日の桜まつりではライトアップも行われる。
美杉町内では遅い時期に咲く三多気のヤマザクラ。花見シーズンの締めに、桃源郷を目指そう。

基本情報

ジャンル イベント
地域 三重県津・松阪
4月
住所 三重県津市美杉町三多気204
電話番号 059-272-8082
HP http://www.tsukanko.jp/spot/252/
料金 無料
開催期間 4月上旬~4月中旬
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

三多気の桜へのアクセス

車:伊勢自動車道 久居I.Cより35Km 約60分

PAGE TOP