ノスタルジーに浸りたい人におすすめ

鬼女伝説の里を巡るフットパスー鬼無里東京・西京

おすすめの時期・旬
  • #通年
おすすめの時間
  • #午前中
  • #お昼
  • #午後
  • #夕方
スタート地点は両京分館。東京(ひがしきょう)の入り口です。

「フットパス」とは、イギリス発祥の概念で、地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くことができる小道のことであり、このように設定されている道は自由に歩き楽しむことができます。 鬼無里地区では、鬼女紅葉により名付けられたと伝わる、東京(ひがしきょう)・西京(にしきょう)地区に焦点を当て、フットパスのコースを設定しました。 この谷の都コースは、現在においては懐かしさを感じることのできる農村風景の中を歩きながら、京を追放された鬼女紅葉が都の懐かしんで名付けたとされる両京のスポットを巡ります。 鬼無里は山に囲まれた農村、都会とは一線を画した風景が広がっており、道端にある草木、田畑で育まれている作物、出くわす動物や昆虫、何気ない道祖神や祠も一見の価値あり。 このコースは自由に歩くことができますが、10月の鬼無里の紅葉祭りの法要前後をはじめ、イベントウォークを開催しており、その際には案内人による建物や伝説の解説、公民館における地元との方との交流もあり、より深く鬼無里に伝わるあれやこれを楽しむことができるのではないでしょうか。 地元の方が名付けた「東京タワー(ひがしきょうたわー)」。何を指して呼ぶのか、是非探してみてください。

どこか懐かしさのある農村風景の中を歩きます。
東京にある加茂神社。西京には春日神社があります。
鬼女伝説にちなみ般若のある倉。反対側は?
イベントウォークでは公民館で「おちゃこ」による地元の人との交流も。地元の方が作った漬物が美味しい。

更新日:2018.10.08


行ってみよう!

きなさふっとぱすたにのみやここーす

鬼無里フットパス 谷の都コース

  • 長野県長野市鬼無里14004

お問い合わせ


佐竹永成長野市地域おこし協力隊

平成29年6月より地域おこし協力隊として、長野市鬼無里(きなさ)地区で特産品のえごまの栽培やえごま油の販売といった活動をしています。謡曲の題材にもなった鬼女(貴女)紅葉伝説など、鬼無里に伝わる数多くの伝説・伝承に興味があり、まつわる場所など紹介できたらと思います。