※このプランは2019年10月からの消費税増税に伴い、料金が変更されている可能性があります。必ずご予約時に主催社へ料金をご確認ください。

【家族・グループで楽しく体験!】小布施で名物の栗を拾って、お土産に持ち帰ろう(1パック/約600g)

●栗の町で知られる長野県小布施でも珍しい栗拾いの希少な体験!●1家族・1グループ1,000円で1パック(約600g)のお土産つき!●園内は持ち込みOKなのでピクニックも可能!

エリア・施設名

長野県 長野市・戸隠・小布施

小林農園

開催期間

9月中旬~10月中旬

平均的な体験時間

約60分

時間制限なし

料金(基本)

入園料+お土産1パック

1,000円 (税込)/ 人

※このプランは2019年10月からの消費税増税に伴い、料金が変更されている可能性があります。必ずご予約時に主催社へ料金をご確認ください。

集合時間

10時~17時

予約申込期限

-

このプランの特徴

【小林農園】
当農園は長野県内を流れる千曲川沿いに広大な面積を誇る善光寺平の北側を走る通称「アップルライン」と呼ばれる国道18号線沿いに位置しており、北信五岳を望む小布施の地で育った「小布施栗」を栽培しております。

栗拾いは9月中旬~10月中旬に実施しており、自ら拾った栗はパックにつめてお土産にお持ち帰りいただけます。

園内では持ち込みでの食事も可能なので、ピクニック気分でご家族ゆっくり楽しんでお過ごしください。

【小布施の栗】

小布施の栗の歴史は古く、栽培され始めたのは今からおよそ600年前の室町時代で、丹波国から栗をとりよせて植えたのが始まりと伝えられています。朝晩の気温変化が激しく、開花時の天候がよく、水はけのよい小布施の土壌が栗の育成に適していたため香りと甘さのある栗を育んできました。江戸時代には毎年秋に将軍家に献上する習わしとなり、「小布施栗」の名を天下に広めたといわれています。その後江戸後期には、当時普及し始めた砂糖を使って栗菓子が作られるようになり、現在に至っています。

【栗拾いの期間】
9月中旬~10月中旬

【栗の品種】
丹沢筑波銀寄

【栗拾いの料金】
1家族・1グループ:入園料1,000円で1パック(約600g)のお土産つき
※2パックの場合は2,000円になります。

集合場所への行き方

住所 長野県上高井郡小布施町吉島2890
行き方

<お車でお越しの方>

上信越道/信州中野IC約5分・小布施SAスマートIC約5分

プラン詳細情報

基本情報

名称 【家族・グループで楽しく体験!】小布施で名物の栗を拾って、お土産に持ち帰ろう(1パック/約600g)

(かぞくぐるーぷでたのしくたいけんおぶせでめいぶつのくりをひろっておみやげにもちかえろうひとぱっくやくろっぴゃくぐらむ)

主催社名 小林農園

(こばやしのうえん)

電話番号 026-257-4128
開催期間 9月中旬~10月中旬

集合場所・時間

集合時間 10時~17時
集合場所住所 長野県上高井郡小布施町吉島2890
平均的な体験時間 約60分

時間制限なし

事前準備

持ち物・服装 -

開催条件

開催期間 9月中旬~10月中旬
最少催行人数 1人

参加条件

対象制限 -
最小申込数 1人
最大申込可能数 10人

料金

料金(基本) 入園料+お土産1パック: 1,000円(税込)/ 人

料金に含まれるもの 入園料、お持ち帰り1パック(約600g)
キャンセル規定 キャンセル料は特にいただいておりませんが、キャンセル・変更の場合は必ずご連絡ください。

主催社都合によるキャンセルについては、参加日の3日前まで、不可抗力によるキャンセルについては 前日までに、ご連絡いたします。

駐車場・付帯設備

駐車場 あり

自家用車:約12台/大型車:3台

付帯設備 トイレ・コンビニ(5km圏内)

その他

ジャンル
地域
  • 家族向け
  • グループOK
  • 栗ひろい
  • お土産付き
  • 希少な体験
  • 園内持込みOK
  • 9月中旬~10月中旬限定
  • 丹沢筑波銀寄
  • 時間無制限
  • 駐車場あり

※このプランは2019年10月からの消費税増税に伴い、料金が変更されている可能性があります。必ずご予約時に主催社へ料金をご確認ください。

プラン主催社

  • プラン主催社名

    小林農園

    (こばやしのうえん)

  • 住所

    〒381-0212
    長野県上高井郡小布施町吉島2890

  • お問い合わせ可能時間

    9:00~17:00 栗拾いは10:00~

  • 定休日

    9~12月は無休 ※場合により臨時休業あり

PAGE TOP