• 現在、本プランは予約申込を受付けておりません。

奈良 新薬師寺:国宝の本堂で早朝特別拝観・通常非公開の香薬師堂特別公開〔09〕

国宝を早朝貸切でゆったりと拝観できるプランです。
奈良時代の創建当初の建物である国宝「本堂」で、本尊の国宝「薬師如来坐像」やおなじく国宝の「十二神将立像」を拝観。僧侶とともに読経をあげる勤行体験も!さらに、通常非公開の「香薬師堂」と霊験あらたかな「おたま地蔵」もご覧いただけます。

エリア・施設名

奈良県 奈良市・天理・法隆寺

一般財団法人奈良県ビジターズビューロー

開催期間

2017年12月~2018年2月の限定日

平均的な体験時間

約60分

料金(基本)

お一人様

1,500円 (税込)/ 人

集合時間

7:20
(7:30開始)

予約申込期限

3日前の18:00まで

このプランの特徴

新薬師寺の建造物や仏像は、国宝だらけ。
奈良時代の創建当初の建物が残る、国宝「本堂」には、国宝の本尊「薬師如来坐像」や「十二神将立像」が・・・!

その国宝を早朝に貸切で拝観し、薬師如来さまに読経する勤行体験もおこないます。また、通常非公開の「香薬師堂」を特別公開いただき、「おたま地蔵」さまを拝観できます。
すべて僧侶のご案内付で、見どころをしっかりと解説してもらえる特別な拝観プランです。


<新薬師寺とは>
天平19(747)年、聖武天皇の病気平癒を願った光明皇后が建立した古刹。かつては七堂伽藍が整っていたと言われ、創建当時の天平建築様式を唯一残す本堂(国宝)には、薬師如来坐像(国宝)や十二神将立像(国宝)が安置されています。薬師如来の目が大きく美しいことから眼病の人の参拝が絶えません。

このプランの日程

当日のスケジュール
※スケジュールは変更される場合があります。

受付(南門前)
 ↓
国宝の本堂で早朝特別拝観(貸切)
 ↓
僧侶と共に勤行体験
 ↓
通常非公開の香薬師堂特別公開
 ↓
解散

集合場所への行き方

住所 奈良県奈良市高畑町1352番地新薬師寺 ※南門前へお越しください
行き方

<公共機関でお越しの方>

・市内循環バス「破石町」下車、山手へ徒歩約10分
・JR「奈良」駅、近鉄「奈良」駅よりタクシーで約10分

注意事項

※当日は、南門前にお越しください
※開始10分前ごろまでにお集まりください
※お子様も参加可能ですが、子供料金の設定はありません(大人と同一料金)

プラン詳細情報

基本情報

名称 奈良 新薬師寺:国宝の本堂で早朝特別拝観・通常非公開の香薬師堂特別公開〔09〕

(なら しんやくしじ こくほうのほんどうでそうちょうとくべつはいかん つうじょうひこうかいのこうやくしどうとくべつこうかい 09)

主催社名 一般財団法人奈良県ビジターズビューロー

(いっぱんざいだんほうじんならけんびじたーずびゅーろー)

開催期間 2017年12月~2018年2月の限定日

集合場所・時間

集合時間 7:20
(7:30開始)
集合場所住所 奈良県奈良市高畑町1352番地新薬師寺 ※南門前へお越しください
平均的な体験時間 約60分

事前準備

持ち物・服装 -

開催条件

開催期間 2017年12月~2018年2月の限定日
最少催行人数 1人

参加条件

対象制限 -
予約申込期限 3日前の18:00まで

最小申込数 1人
最大申込可能数 20人

料金

料金(基本) お一人様: 1,500円(税込)/ 人

料金に含まれるもの 拝観料、ご案内
支払い方法 オンラインクレジットカード決済

※予約確定時の決済となります。カードご利用代金の請求日は、各クレジットカード会社により異なります。

ぐるたびオンライン決済で利用できるカード AMEX / DINERS / JCB / MasterCard / VISA
キャンセル規定 ご予約の変更・キャンセルは、必ず事前にご連絡ください。
催行日の3日前以降のキャンセル、または、無断キャンセルは、料金の100%をキャンセル料として申し受けます。

主催社都合によるキャンセルについては、参加日の3日前まで、不可抗力によるキャンセルについては 前日までに、ご連絡いたします。 その場合は、お申し込み時にご利用いただいたクレジットカードを通じて利用料を100%返金いたします。

駐車場・付帯設備

駐車場 なし
付帯設備 -

その他

ホームページURL http://www.nara-umashi.com/
ジャンル
地域
  • 奈良
  • 新薬師寺
  • 早朝の貸切拝観
  • 国宝を貸切!
  • 僧侶のご案内付
  • 見所を詳しく解説してもらえる
  • 仏像女子
  • 寺社仏閣巡り
  • 子供も参加可能
  • 奈良うまし冬めぐり
  • 奈良時代の創建当初の建造物
  • 建物も仏像も国宝だらけ!
PAGE TOP