稚内・利尻・留萌の観光・旅行ガイド

稚内・利尻・留萌エリアのおすすめ観光情報をご紹介。稚内・利尻・留萌エリアには礼文島、利尻島、宗谷岬などの観光スポット、サマーフェスティバル、枝幸かにまつり、増毛えび地酒まつりなどの観光イベント、ラーメン、ジンギスカン、じゃがポックルなどのご当地グルメがあります。

稚内は広い北海道の最北端の市で、宗谷海峡に面した日本海側にあり、近くには利尻島、礼文島があります。留萌市は稚内から少し南側にあり、これらの市町は北海道の北である道北地方の観光
地として有名で、四季を通じて多くの観光客がこの地を訪れます。

稚内での観光で欠かせないのは、何といっても日本最北端にある宗谷岬で、白い三角形のオブジェを通して見る雄大な日本海の眺めが訪れる人を魅了します。その左下に位置するノシャップ岬には宗谷岬とはまた異なる北海道の海の眺めがあり、雄大な日本海に沈む夕陽は絶景です。このほかに稚内で見ておきたのは、強風や高波による被害を軽減するために作られた総延長427mの古代ローマ建築を思わせる稚内港北防波堤ドームで、この防波堤は北海道遺産に指定されています。

この稚内から見て左手の日本海に浮かぶ島が利尻島で、夢の浮島とも呼ばれる利尻島全体が観光の場になります。この利尻島のすぐ左上にはもうひとつ、礼文島があります。礼文島には利尻島と合わせた利尻礼文サロベツ国立公園があり、夏ともなれば約300種もの高山植物が咲き乱れ、訪れる観光客の心を和ませます。なお、利尻島も礼文島も豊かな海の幸がありますから、観光グルメには魅力的な観光の島と言えるでしょう。

稚内都並んで道北での観光の街として知られる留萌は稚内、礼文、利尻から少し南に下ったところにあります。留萌は日本海に面した市で、観光の名所では黄金岬海浜公園があります。この公園から眺める日本海に沈む夕陽は稚内のノシャップ岬からの眺めと同様に絶景であり、日本の夕陽百選に選ばれています。また留萌で見逃せないのは大型の風車が林立する礼受牧場(礼受牧場トリム)です。さらに海抜180mの丘陵地帯である千望台からは広い留萌の市街地を一望できます。

このように、北海道のなかでも北に位置する稚内、利尻、礼文、留萌はまさに北海道の北を代表する観光地であり、同時に日本海の恵まれた海の幸を満喫できますから、観光とグルメを兼ねたツアーでぜひ訪れたい場所です。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP