函館の観光・旅行ガイド

函館のおすすめご当地情報をご紹介。函館には五稜郭、函館山、湯の川温泉などの観光スポット、函館港まつり、江差追分全国大会、松前さくらまつりなどの観光イベント、ラーメン、ジンギスカン、トマトスープなどのご当地グルメがあります。

北海道と本州を結ぶルートとして、かつては本州の青森県と北海道の間にある津軽海峡を青函連絡船が就航していました。今ではそれに代わって、全長53.85kmの青函トンネルが海底約100mを走っています。その北海道での玄関
口が函館市で、渡島半島の南東部に位置します。函館市は南を日本海の津軽海峡、西を太平洋に囲まれた漁業が盛んな街です。

函館市は対馬海流の暖流の影響があり、北海道としては比較的温暖な気候で、この函館市での観光は何と言っても日本三大夜景の1つ、あるいは世界三大夜景の1つと称される函館山からの夜景でしょう。このほかの函館での観光スポットも多く、元町・末広町の重要伝統的建造物群保存地区や函館港周辺、新鮮組で有名な五稜郭、湯の川温泉、カトリック教のトラピスチヌ修道院などがあります。

函館山のロープウェイで函館の夜景を堪能し、新撰組の土方歳三最後の地碑がある五稜郭・四稜郭を見て、トラピスチヌ修道院を訪れるのは函館観光の定番でしょう。なお、函館での観光グルメに欠かせないのは北海道のカニと相並ぶイカで、函館の街にはイカの香りがするとも言われ、イカソーメンを食べないで北海道観光は語れないとまで言われるようです。

この函館の近く、北海道の最南端に位置し、道内ではもっとも温暖なのが松前で、グルメには松前漬けで知られています。松前町は松前漬けのほかに見る価値がある観光スポットがあり、それは、旧松前藩の松前城および松前藩屋敷、さらには松前町郷土資料館などです。これらのほかには松前公園では250種1万本近くのさくらなども4月〜5月には咲き乱れます。

同じように北海道の南端で日本海に面している観光地に江差があり、江差町での観光スポットとして有名なのが、沖合に浮かぶかもめ島です。かもめ島はかつては弁天島と呼ばれていて、天然の良港に恵まれたこの島はニシン漁で全国的に有名で、それを歌ったのが民謡の江差追分です。

このように、北海道の観光の旅は、本州から見るとまさしく函館、松前、江差などの北海道最南端から始まると言えます。
…もっと見る

函館の新着記事

いますぐ予約できる!函館で人気のプラン

ほかにも!函館で人気の体験・アクティビティ

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP