下北半島・大間・恐山の観光・旅行ガイド

下北半島・大間・恐山のおすすめご当地情報をご紹介。下北半島・大間・恐山には恐山、円通寺、大滝などの観光スポット、恐山大祭、田名部まつり、川内八幡宮例大祭などの観光イベント、アップルパイ、なかよし、フレンチなどのご当地グルメがあります。

むつ市は市の名前に日本ではじめてひらがなを使用したことで知られていて、青森県の下北地方に位置します。下北地方はすなわち下北半島で、細長く海に突き出た半島は陸奥湾と津軽海峡に面していますから、むつ市は本州
最北端の市ということになります。

むつ市は青森県のなかでも独特な雰囲気を持った観光の場として知られ、その観光の最大のスポットはイタコで知られる恐山です。恐山は比叡山、高野山と並んで日本三大霊場のひとつと称されており、当然のことながら日本の秘境100選にも選ばれています。もちろん恐山そのものも観光の対象になり、さらにその麓には恐山賽の河原があり、その現世離れのした空間は多分ほかでは味わうことができないものでしょう。

むつ市にはこのほかにかっぱの湯として有名な薬研温泉があり、恐山温泉もあります。また、エメラルドグリーンのきれいな宇曽利湖は強酸性のカルデラ湖で、硫黄の匂いが強く、人により好き嫌いが分かれるかも知れません。

このほかにもむつ市の観光の場としては、釜臥山展望台があり、この展望台からの夜景は、日本の夜景百選にも選ばれている観光スポットで、雪の釜臥山スキー場もスキーを兼ねた観光客で賑わいを見せています。

ここからそう遠くないところにあるのが大間まぐろで知られる大間町で、大間まぐろはグルメブランドとして人気があるのは周知の事実です。なお、大間町の観光では本州最北に位置する大間灯台、同じく本州最北の大間温泉があります。

このむつ市や大間町が位置するのが下北半島で、地理的には青森県の北東部にあり、半島全体が下北半島国定公園となっています。ですから、むつ市や大間町を観光で訪れることはすなわち下北半島を旅することになります。

このように見ますと、本州最北端の下北半島は、派手で賑やかなレジャーを楽しむ観光地というよりは、むしろ神秘を感じる観光の地とも言え、青森県のなかでも、青森市や弘前市などの都市部からは想像ができない、青森のもう一つの顔と言えるでしょう。
…もっと見る

下北半島・大間・恐山の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP