津軽の観光・旅行ガイド

津軽エリアのおすすめご当地情報をご紹介。津軽エリアには大沼公園などの観光スポット、五所川原立佞武多などの観光イベント、アップルパイなどのご当地グルメがあります。

津軽という地名はロマンに満ちた語感があります。津軽地方は青森県西部の地域名で、広く言えば弘前市を中心とする南部の中弘南黒地区、五所川原市を中心とする北西部の西北五地区、そして青森市を中心とする北東部の東青地区から成ります。この津軽地方は日本海側の気候に属し、冬の降雪が多いのが
最大の特徴です。

この津軽での観光のスポットは数多くあります。代表的な観光の場として、竜飛崎の名が第一にあげられます。竜飛崎は津軽半島の北端の岬で、岬の先端はまさに絶壁が海に落ちているという表現が相応しい眺めで、竜飛岬灯台がシンボルになっています。

次に津軽の観光ルートとしてあげられるのが、竜泊ラインです。全長20kmにわたって曲がりくねった道が続きます。峠にある眺瞰台からの眺めには竜飛岬、権現崎、岩木山、十三湖、八甲田山などを目にすることができ、日本海に沈む夕陽が美しいと評判です。道は急なカーブの連続で、道が曲がるたびに景色が入れ代わり、津軽のさまざまな顔を見ることができる観光道路です。なお、津軽での道路では、全国でここだけにしかない道路があり、それは階段国道と呼ばれている国道339号で、何と国道が階段になっているのには驚かされます。

この津軽の北西部にあるのが五所川原市で、五所川原市での観光は見どころが一杯です。まずは、赤い〜りんごの並木道で、この道路脇には五所川原特産の赤いりんごの木がたくさんあり、真紅の可憐な花が見ものです。津軽フラワーセンターも素通りできない観光地で、ここでの約2,000本もの梅の木は見る価値があります。楠美家住宅は五所川原市の有形文化財で、津軽地方を代表する民家で、一般に公開されています。また、太宰治記念館も有名で、全国から太宰治の愛好者が訪れます。

観光の旅で、五所川原と言えば津軽鉄道を語らずにはいられません。津軽鉄道は延長約20kmで、旅情たっぷりな津軽の景色の中をゆっくりと走ります。夏には客室に風鈴が下げられ、風鈴列車、秋には鈴虫の籠が取り付けられ、鈴虫列車、そして、冬はダルマストーブが置かれてストーブ列車になり、車窓から一面の銀世界を眺めることができます。
…もっと見る

津軽の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP