一関・平泉の観光・旅行ガイド

一関・平泉エリアのおすすめご当地情報をご紹介。一関・平泉エリアには明治記念館、戸隠神社、明治記念館などの観光スポット、大文字送り火、黒石寺蘇民祭、江刺甚句まつりなどの観光イベント、かもめの玉子、南部せんべい、あんかけうどんなどのご当地グルメがあります。

一関市は、岩手県の最南端にある県内で第二の人口と面積を擁する市で、岩手県内では商業的にも経済的にも活気を呈している市と言えます。市内にはモダンなホテルもあり、観光で岩手県南部を訪れる際
には宿泊は一関市という観光客も多いようです。

その一関市での観光スポットは猊鼻渓で、深く切り立つ渓谷を眺めながらのんびり舟下りは観光気分を存分に味わえます。猊鼻渓は砂鉄川の中流にある景勝地で、100mを超える断崖絶壁が両岸を囲んでいて、まるで水墨画の世界を思わせる絶景です。磐井川沿いのダイナミックな渓谷美を誇るのが厳美渓で、栗駒山を源とする磐井川沿いには四十八滝をはじめとするダイナミックな渓谷美が続き、国の天然記念物にも指定されています。

一関市が平泉町の玄関口にあたり、平泉町は平安時代末期に奥州藤原氏の本拠地があった町として有名で、かつては平安京に次ぐ大都市として栄えました。

平泉と言えば有名なのは中尊寺の金色堂で、世界文化遺産、国宝第1号です。方三間の阿弥陀堂で、内外を黒漆で塗り金箔で押してあるので、金色堂と呼ばれています。堂内の長押や柱、須弥壇には金蒔絵、極彩色が施され、宝相華文を透し彫りにした金具で装飾されています。なお中尊寺は天台宗東北大本山の寺院で、奥州三十三観音番外札所であり、山号は関山、本尊は阿弥陀如来です。

中尊寺と並んで、平泉には毛越寺あり、やはり天台宗の寺院で、現在の本尊は薬師如来、脇侍は日光菩薩・月光菩薩です。毛越寺は平泉―仏浄土を表す建築・庭園並びに考古学的遺跡群―として世界遺産に登録されています。

厳美渓は、一関市を流れる磐井川中流の渓谷で、栗駒山を水源とし、全長は2kmもあり、国の名勝及び天然記念物に指定されています。厳美渓は栗駒山の噴火によって堆積したデイサイト質凝灰岩が、磐井川の水流で浸食され、形成されたので、そこではさまざまな形をした奇岩があり、瀑布や深淵など豊かな自然の顔が楽しめます。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP