鳴子温泉・栗駒の観光・旅行ガイド

鳴子温泉・栗駒のおすすめご当地情報をご紹介。鳴子温泉・栗駒には善光寺、天王寺、鳴子温泉などの観光スポット、どんと祭、夏まつり、コスモス祭りなどの観光イベント、かりんとう、マコロン、牛タンサイダーなどのご当地グルメがあります。

鳴子温泉は宮城県大崎市鳴子温泉にあり、鳴子温泉郷の中心地です。鳴子温泉は福島県の飯坂温泉、宮城県の秋保温泉とともに奥州三名湯に数えられています。鳴子温泉駅前から滝の湯方面に国道47号と平行して温泉街が広がっていま
す。滝の湯は鳴子の温泉街の中心にある共同浴場で、鳴子温泉神社の御神湯として千年の歴史を持つ古湯として知られています。なお、鳴子温泉の泉質はさまざまで、硫黄泉や芒硝泉、重曹泉や食塩泉などです。

なお、この周辺は鳴子こけしの産地としても知られ、温泉街の至る所にこけしの店や工房があります。

観光スポットとしては鳴子峡があります。鳴子温泉郷の中山平温泉地区にある峡谷で、さまざまな形を見せる岩石が屏風のように連なり、渓流との対照が見事です。特に新緑や紅葉の時期には素晴らしい景色を楽しむことができます。川沿いには1時間ほどで歩ける散策道があり、そこからの眺めはまさに絶景と言えるでしょう。

鳴子ダムは高さが95m、幅が215mの日本で最初に造られたアーチ式のダムです。ダム湖沿いの道路には随所に休憩ポイントがありますから、車から降りて景色を楽しむのもいい観光の思い出になるでしょう。ダム湖は周囲の山々に覆われているので、新緑、紅葉が湖面に映る景色、特に湖に光射す夕景がなんとも言えない美しさです。

栗駒山は、宮城県、秋田県、岩手県の三県にまたがる山で、初夏になると山頂西側に馬の雪形が現れることからこの名前がつきました。また、栗駒国定公園も岩手県、宮城県、秋田県、山形県にまたがる大規模な山岳国定公園で、観光のスポットになっています。

登米市は、宮城県北部の岩手県との県境にある市です。市的には宮城県の北部で、栗原市と本吉郡の間にあり、岩手県と境を接し、米の名産地として知られています。また、冬になると、伊豆沼や内沼、市内の中心部を流れる迫川などに多くの渡り鳥が飛来することでも知られています。登米市での観光では、教育資料館(旧登米高等尋常小学校校舎)を見てみましょう。この建物は明治21年に建てられた洋風建築の校舎で、ギリシャ風柱頭飾りの技法や吹き抜け式玄関、正面の二階にバルコニーがあり、国の指定文化財になっています。なお、伊豆沼は白鳥やガン類の飛来数が全国一という水鳥の楽園で、ラムサール条約指定登録湿地渡り鳥の生息地として世界的に有名です。
…もっと見る

鳴子温泉・栗駒の新着記事

いますぐ予約できる!鳴子温泉・栗駒で人気のプラン

ほかにも!鳴子温泉・栗駒で人気の体験・アクティビティ

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP