大館・能代の観光・旅行ガイド

大館・能代のおすすめご当地情報をご紹介。大館・能代には八坂神社、十和田湖、浅間神社などの観光スポット、花輪ばやし、ふるさとまつり、裸参りなどの観光イベント、稲庭うどん、いぶりがっこ、きりたんぽなどのご当地グルメがあります。

大館市は秋田県北部に立地する市で、北境で青森県と接していて、市内の中央部には秋田三大河川の一つである米代川が東から西に向かって流れている自然が豊かな街です。

大館市での観光スポットでまずご紹介したいのが、岩神ふれ
あいの森です。長根山運動公園に隣接しており、施設内の岩神貯水池周辺には22種、3,000本もの桜があり、桜を目当ての観光客が多いのが特徴です。

東京の渋谷駅にあることで有名な忠犬ハチ公は大館市の生まれで、大館市には元祖とも言える忠犬ハチ公像があります。忠犬ハチ公は大正12年(1923年)に大館で生まれた秋田犬で、昭和9年には渋谷駅に、昭和10年には大館駅前にハチ公像が建てられました。このハチ公が秋田犬であることが示すように、大館市には秋田犬会館があります。国内唯一の単一犬種の博物室として、国の天然記念物である秋田犬に関する資料を収集し、秋田犬の系譜や秋田犬でのマタギ猟の様子や忠犬ハチ公に関する写真や資料が展示されています。

桂城公園は大館市役所の北側にあります。戊辰戦争の際に焼け落ちたため、現在は内堀や土塁の一部が残っています。この公園は桜の名所で、4月下旬には桜まつりが行われ、樹齢200年のエゾヤナギの大木は見逃さないようにしましょう。

石田ローズガーデンはバラが大好きだったとされる故石田博英氏の広大な庭園で、600種700株のバラを植栽していて、毎年6月にはバラまつりが行われ、多くの人で賑わいます。

また能代市は、秋田県北部にあり、日本海に面した市で、そのほとんどは能代平野になりますが、一部には丘陵があります。能代市の観光スポットとして外せないのが、風の松原です。ここには日本最大級のクロマツ林の砂防林があり、天の橋立や虹の松原、三保の松原や気比の松原と並んで有名な松原の一つとして知られています。なんと約700万本の松林が1km幅で総延長14kmも海岸沿いに続いていて、森林浴やバードウォッチングが楽しめます。なお、21世紀に引き継ぎたい日本の名松100選、残したい日本の音風景100選などにも選定されています。

はまなす展望台は能代港の堤防に立っている高さ27mの展望台で、個々からは日本海をあかね色に染める夕日や、風の松原、さらには天気が良い日には白神山地の稜線を望むことができます。なお、展望台から能代港の岸壁ははまなす画廊と呼ばれ、一般市民による壁画が並んでいます。

能代エナジアムパークは東北電力能代火力発電所にあるエネルギーPR館で、東南アジアの自然を再現した熱帯植物園があり、約460種類もの熱帯植物が観賞できます。

別の観光スポットには、秋田県立北欧の杜公園・キャンプ場があり、広大な自然公園の中にはキャンプ場や遊具が揃っているわんぱく広場、犬の冒険広場やパークゴルフなどがあり、野鳥観察もできますし、無料のレンタサイクルもあります。浜辺の歌音楽館には、地元出身の作曲家で、歌曲の浜辺の歌で有名な成田為三の功績をたたえる数々の資料を見ることができます。
…もっと見る

大館・能代の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP