秋田市の観光・旅行ガイド

秋田市のおすすめ観光情報をご紹介。秋田市には千秋公園(せんしゅうこうえん)、秋田市赤れんが郷土館、秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)、秋田大学鉱業博物館、新秋田県立美術館などの観光スポットがあります。

千秋公園は佐竹氏の居城・久保田城の跡で、本丸や二の丸跡に当時の面影がうかがえます。御隅櫓の展望室からは秋田市内が一望でき、春は桜やツツジの名所、初夏にはお堀でハスの花を見ることができます。また、公園内には秋田出身の国学者・平田篤胤を祀
って創建された彌高神社(いやたかじんじゃ)もあります。

そして、秋田市立赤れんが郷土館も必見の観光スポット。明治45(1912)年に秋田銀行本店として建てられ、外観はルネサンス様式を基調としたレンガ造り、内部はバロック様式を取り入れた造りになっていて、重要文化財に指定されています。竿燈大通りを挟んで徒歩5分ほどに位置する秋田市民俗芸能伝承館(愛称:ねぶり流し館)は、赤れんが郷土館の分館にあたります。東北三大祭りに数えられる秋田竿燈(かんとう)まつりをはじめ、郷土の民俗行事や芸能を伝える展示館です。1階の吹き抜け展示ホールには、実際に祭で使われる巨大な竿燈が展示されていて、2階の展示室では、秋田万歳や黒川番楽などの民俗芸能を紹介する等身大の人形やパネルがあります。

秋田大学鉱業博物館は、日本唯一の鉱山専門学校だった秋田大学国際資源学部の附属施設で、国内でも数少ない鉱業博物館です。館内では岩石や鉱物標本宝石類、鉱山器具など鉱業に関する資料が世界有数の規模で展示されており、一見の価値があります。

観光イベントとして一度は見たいのが、前述の秋田竿燈まつり。七夕(ねぶり流し)の行事に関連したこの行事は、秋田市の中心・竿燈大通りで毎年8月3日から6日までの4日間にわたって開催されます。総数1万を超える提灯は壮観の一言。

ご当地グルメでは、稲庭うどん、きりたんぽ、いぶりがっこ、ババヘラアイスなどがあり、秋田市に限らず秋田県全域で食べることができます。お土産には秋田銘菓のもろこしや、米どころ秋田らしくお酒などいかがでしょうか。

秋田市は東北地方の北西部、日本海沿岸にある市で、秋田県の県庁所在地であり中核市に指定されています。秋田市は交通の面から見ると国道7号、国道13号、日本海東北自動車道、秋田自動車道などが走り、秋田新幹線、羽越本線、奥羽本線、男鹿線が交差しています。さらに秋田空港や重要港湾の秋田港も秋田市にあります。東京からのアクセスは、秋田新幹線で4時間程度、空路では1時間程度で着くことができます。
…もっと見る

秋田市の新着記事

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

ホテル・旅館

PAGE TOP